これから日経225取引を始めようと思っていらっしゃる方の中には、日経225先物と日経225オプションにはどういった違いがあるのかをきちんと理解出来ていない方もいらっしゃると思います。ここでは、225先物と二十二5オプションの違いをみてみましょう。まず、225先物ですが、こちらは定められた期日に決済する事を前提とした取引です。定められた決済日までに値段が上がると予想すれば「買い」、下がると予想すれば「売り」を行います。その際、定められた決済日以前でも利益が出た時点で決済を行い、損益を確定させることができるでしょう。一方、225オプションとは言え、こちらは定められた期日に権利だけを取引するもので、定められた決済時に購入する義務は発生しません。具体的には、現在の価格が1万円だとします。これから値段が上がると予想すれば、買う権利(コールオプション)を選択します。そして、定められた決済時までに予想した通り値段が上がり2万円になっていれば、1万円で買う権利を選択しているのでそのまま一万円で買いつけることが出来るのです。つまり、差し引き1万円の利益になると言う訳ですね。ここで予想に反して値下がりした場合には、権利を放棄する事も可能となります。反対に、これから値段が下がると予想すれば、売る権利(プットオプション)を選択する事になります。仕組み的にはオプション取引は難解で、初心者でしたら先物取引の方が理解しやすいと言えるでしょうー